ロト6を科学的に当選させる方法

ロト6を科学的に当選させる方法を伝授
ロト6で当てることは簡単、お金を稼ぐことも簡単なんです!



ロト6はギャンブルでなく確率を当てるゲームなのです。



お金に困っていた過去の自分と今すぐ決別したいですか?そんな決意のあるあなたはこちらへどうぞ。





ロト6は、ギャンブルでなく確率を当てるゲームなのです。



この理論が、話題を呼び、週間ポストの記事になりました。




ロトシックスのこと知らない人参考にしてください。


ロトシックス(ロト6、LOTO 6とも表記される)とは、01から43までの43個の数字のうち、6個を選択するものである。選び方は全部で6,096,454通りある。抽せんは、毎週木曜日18:45 (JST) から行われる。


購入金額
価格は全種類とも1口200円である。

購入者は、数字選択式宝くじを扱う宝くじ売り場で、専用のマークシート式申し込みカードに自分の好きな数字などの必要事項を記入する。

1枚の申込カードで最大5通りの組み合わせが申し込める。その際、それぞれの申し込み数字に対して口数を1口から10口まで、継続回数をナンバーズは最高10回まで、ミニロトとロトシックスは最高5回まで指定できる。

ナンバーズには「チャレンジカード」という申込カードも存在し、従来の申込カードの機能の他に、10回先までの抽せん日のうち1回分のみを指定できる欄がある。又、一部の銀行ATMでも購入できる(購入の際にはATM管理銀行のキャッシュカードが必要で、それ以外の金融機関のキャッシュカードでは購入できない。

ただし管理銀行でも一部の店舗やコンビニATMでの取り扱いは行っていない)。その際は当せんした場合の当せん金が口座に自動的に振り込まれる金融機関もある。

数字が決まらない場合は、コンピュータによってランダムに数字を選択してもらえる「クイックピック」を行使することも出来る。

購入できる時間帯は、売り場によって異なる。但し、抽せん日はコンピューター処理の都合上、売り場窓口では18:30 (JST) に、銀行ATMでの購入の場合はそれよりも若干早く締め切られる。


フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より抜粋

賽銭箱の招き猫宝くじバンク

買ってしまった宝くじ、これから買う宝くじ、その為の縁担ぎなら、この宝くじバンク。招き猫があなたに幸運をもたらしてくれる気がしませんか?宝くじを飾って幸運を祈るもよし、次回の為の貯金をするもヨシです。





古くから千客万来や商売繁盛、招福来運などの縁起物として広くしられる「招き猫」。
賽銭箱の招き猫は、ご家族の金運アップをお祈りします。
さらに、購入した宝くじを、宝くじバンクに納めれば、あなたを夢の大当たりへとさらに導いてくれるかもしれません。

ここ一番便利拡大鏡付きがま口

宝物が集まる宝づくしシリーズ吉祥文様(きっしょうもんよう)
シンプルで収納力抜群のがま口をご紹介致します。本体の上部にゴムヒダをとっており中を少々ふくらませています。その為見た目より中の大きさが広く小銭が入りやすいです。カード入れは中に一カ所。財布の中に装着しているので、大切なカードも収納できます。カード入れ(特許出願中)には拡大鏡も入っており、メガネを忘れた時や、不意な時に便利です。財布の中にもう一つ財布があり、印鑑やかぎ、もちろん小銭収納できます。やはり使いやすいがま口は、ちょっとした時にいいですね。




吉祥文様(きっしょうもんよう)とは
1200〜1400年前に遣隋使・遣唐使によって我が国にもたらされたと言われ「開運招福、子孫繁栄」を願って、陶器や着物に描かれたのが起源とされています。中でも、この柄は宝づくしといわれたんへん縁起がいい柄とされています。

宝づくし 世界一使いやすい財布です

宝物が集まる宝づくしシリーズ吉祥文様(きっしょうもんよう)
これが自慢の世界一使いやすい財布。口コミでほとんど広がっています。
一度お買いあげいただいた後の、リピートお買いあげダントツbPです。
エル字になったファスナーがガバッと開き、奥まで手が入り、小銭入れの
出し入れが楽々です。小銭れを挟んで両サイドにお札が入り、その奥に
カードが6枚収納できます。又その後ろに、レシート入れを設けました。
もちろん逆さにしても、振っても小銭は移動しません。薄さも自慢の一つです。小銭がとりやすいのでいつもそんなにふくらみませんが小銭がたくさん入りふくらんでも、さっと振ると小銭が平たくおちつきお財布が膨らみません。更にカード整理シートと拡大鏡をつけました。カード整理シート はお財布を変えるときに便利です。拡大鏡も小さな文字を読むときに便利です。




吉祥文様(きっしょうもんよう)とは
1200〜1400年前に遣隋使・遣唐使によって我が国にもたらされたと言われ「開運招福、子孫繁栄」を願って、陶器や着物に描かれたのが起源とされています。中でも、この柄は宝づくしといわれたんへん縁起がいい柄とされています。

い〜っぱい入る小銭入れ

宝物が集まる宝づくしシリーズ吉祥文様(きっしょうもんよう)
この小銭入れは数ある小銭入れの中で、 一番売れている形です。人気には、多くの理由があります。一つは小銭が信じられないくらい入ります。天溝という、溝が上向きに付いているフレームに、革を外から巻き込むように付けているため内容積が広くなり、小銭がたっぷり入ります。又小銭を取り出す時、底を押し上げるように持つので、小銭が浮き上がり取り出しやすくなります。後最大の人気の秘訣が、洗練された形です。これは小銭作り50年の弊社専属の職人が丹精込めて制作しています。あえてこの一番人気の形を、宝づくしシリーズに入れています。




吉祥文様(きっしょうもんよう)とは
1200〜1400年前に遣隋使・遣唐使によって我が国にもたらされたと言われ「開運招福、子孫繁栄」を願って、陶器や着物に描かれたのが起源とされています。中でも、この柄は宝づくしといわれたんへん縁起がいい柄とされています。

吉祥文様シンプルイズベスト束入れ

宝物が集まる宝づくしシリーズ吉祥文様(きっしょうもんよう)
お札を折り曲げずに入れられ、更に小銭入れも付いていてカード入れも8カ所あります。カブセ裏のカード入れは、最近多くなったパウチされた診察券など、少々大きめカードでも入るように大きめに作っています。シンプルな中に機能性も充実しています。小銭れは表側からと内側から、2重に挟み込んでいます。更に内側は小銭で汚れてもいいように黒の合皮を使っています。又、カード型の拡大鏡が入っていて、買い物後にレシートを読んだり、薬の処方箋を読むのに便利です。





吉祥文様(きっしょうもんよう)とは
1200〜1400年前に遣隋使・遣唐使によって我が国にもたらされたと言われ「開運招福、子孫繁栄」を願って、陶器や着物に描かれたのが起源とされています。中でも、この柄は宝づくしといわれたんへん縁起がいい柄とされています。

た〜ぷり入るふっくら小銭入れです

手触りが最高!「京友禅染め」シリーズ
い〜ぱい入る小銭入れ。これは天溝という特殊な方法で革とフレームを
取り付けています。外から巻き込む用に革をつけているので、中の内容積が通常より一番のヒット小銭入れの形です。手にもっちりとしたいい感じの素材です。





京友禅染めとは? 江戸時代中期の初め、扇絵師の宮崎友禅斎(みやざきゆうぜんさい)によって始められたとされています。この染めの最大の特徴は、全体を優美にくくる極端に白い細い線です。友禅糊で、まづ白に抜きたい絵柄を書き、その上に一色一色、色を乗せていき地色を吹き付けます。そして最後に水洗いすることによって友禅のりで一番はじめにかかれた部分のみが、水で洗い流されます。流された部分が白く浮きでて通常のプリントでは、表現仕切れない微妙な白い線が出てきます。この技法が友禅染めです。古くから京都ではこの技法を用い高価な着物を作っていましたが、この技法を革に応用し革本来の風合いを生かし友禅染めのすばらしい色彩感を最大限に表現したのが、この京都本革製友禅染めです。又、染料には草木染料をモチーフに配色されていますので、自然の感触が目でも堪能できます。

京友禅染め 便利財布です

手触りが最高!「京友禅染め」シリーズ
これが自慢の世界一使いやすい財布。口コミでほとんど広がっています。一度お買いあげいただいた後の、リピートお買いあげダントツbPです。エル字になったファスナーがガバッと開き、奥まで手が入り、小銭入れの出し入れが楽々です。小銭れを挟んで両サイドにお札が入り、その奥にカードが6枚収納できます。又その後ろに、レシート入れを設けました。もちろん逆さにしても、振っても小銭は移動しません。薄さも自慢の一つです。小銭がとりやすいのでいつもそんなにふくらみませんが小銭がたくさん入りふくらんでも、さっと振ると小銭が平たくおちつきお財布が膨らみません。更にカード整理シートと拡大鏡をつけました。カード整理シート はお財布を変えるときに便利です。拡大鏡も小さな文字を読むときに便利です。





京友禅染めとは? 江戸時代中期の初め、扇絵師の宮崎友禅斎(みやざきゆうぜんさい)によって始められたとされています。この染めの最大の特徴は、全体を優美にくくる極端に白い細い線です。友禅糊で、まづ白に抜きたい絵柄を書き、その上に一色一色、色を乗せていき地色を吹き付けます。そして最後に水洗いすることによって友禅のりで一番はじめにかかれた部分のみが、水で洗い流されます。流された部分が白く浮きでて通常のプリントでは、表現仕切れない微妙な白い線が出てきます。この技法が友禅染めです。古くから京都ではこの技法を用い高価な着物を作っていましたが、この技法を革に応用し革本来の風合いを生かし友禅染めのすばらしい色彩感を最大限に表現したのが、この京都本革製友禅染めです。又、染料には草木染料をモチーフに配色されていますので、自然の感触が目でも堪能できます。

口金付き、小銭出し入れ楽々折り財布です

蛇のいわれその1

蛇の財布はお金がたまる。

シロヘビは、幸福の神として又、弁天様のお使い姫で商売繁盛の神、金運の開ける神として、崇拝されています。九星では四緑木星にあたります。蛇は巳ですから金局三合(巳、酉、丑)となり財運を表します。家相で家の中心から見て巳(東南)、酉(西)、丑(東北)の所に欠けがない(その部分が外に出ている)状況。また蛇は水神の化身とされており、水でお金を洗うと良いと言われています。四緑木星には「巽に斎(いつ・く)う」という言葉があり財布の中にお金が居着くというのです。 更に白には「気」を浄化する働きがあり日々の生活でたまった毒素を、きれ いに洗い流してくれと言われています。風水学においても白は黄色に並んで金運財運アップの色とされています。


蛇のいわれその2

蛇の抜け殻を財布にいれておくと出世する。

ヘビは、幸福の神として又、弁天様のお使い姫で商売繁盛の神、金運の開ける神として、崇拝されています。又蛇は年に4〜5回脱皮します。脱皮を重ねることでぐんぐん成長していきます。蛇の抜け殻を財布に入れておくと飛躍を成し遂げお金が貯まると言われています。





弁天様からの贈り物、白蛇の財布シリーズ
純白財布、女性用。ガマ口付き財布で女性用を作りました。小銭の出しいれがしやすく、中は汚れても目だたないように 黒の合皮を使っています。内側に七色の厄除けがあり厄年の方への贈り物としても重宝されます。
素材は滋賀県産の高級牛革を、チタンで白に染色して蛇の型押しをしています。本物の蛇の抜け殻付き。あなたの人生も飛躍でいっぱい!

ちょっと大きめで白が厳つい折り財布です

蛇のいわれその1

蛇の財布はお金がたまる。

シロヘビは、幸福の神として又、弁天様のお使い姫で商売繁盛の神、金運の開ける神として、崇拝されています。九星では四緑木星にあたります。蛇は巳ですから金局三合(巳、酉、丑)となり財運を表します。家相で家の中心から見て巳(東南)、酉(西)、丑(東北)の所に欠けがない(その部分が外に出ている)状況。また蛇は水神の化身とされており、水でお金を洗うと良いと言われています。四緑木星には「巽に斎(いつ・く)う」という言葉があり財布の中にお金が居着くというのです。 更に白には「気」を浄化する働きがあり日々の生活でたまった毒素を、きれ いに洗い流してくれと言われています。風水学においても白は黄色に並んで金運財運アップの色とされています。


蛇のいわれその2

蛇の抜け殻を財布にいれておくと出世する。

ヘビは、幸福の神として又、弁天様のお使い姫で商売繁盛の神、金運の開ける神として、崇拝されています。又蛇は年に4〜5回脱皮します。脱皮を重ねることでぐんぐん成長していきます。蛇の抜け殻を財布に入れておくと飛躍を成し遂げお金が貯まると言われています。





弁天様からの贈り物、白蛇の財布シリーズ
純白蛇の型押し、蛇の抜け殻入りの男性用です。だだの折り財布なんて思わないで下さい。中には七色の厄除けを忍ばせています。さらに小銭入れがポイント、通常の紳士物より待ちが1.5倍あり大きく手前に開いて取り出しがしやすいです。さらに内側の合皮はクロで、小銭で汚れが目立たないようになっています。財布に入れると、飛躍しお金が貯まると言われる蛇の抜け殻と、ちょっとしたときに便利な、拡大鏡付きです。全体の大きさは、少々大きめに作っています。いかついですよ〜

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。